スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリアレイク!!

突如、高校時代の友人から連絡があり、成り行きでオカッパリに行くことになりました。

2012_0705釣り0008 
(悪そうな顔をしていますが良い奴です。)

3日前に山梨県甲斐にある彼女の家に引っ越してきたらしく、2年間はこちらに居るそうなので、ちょいちょい会えますね!!
彼女も中学からの同級生です!!

2012_0705釣り0003 

今回霞にボートを置いてきた為、久々の地に足つけての陸行。

オカッパリは好きですよ~。
なんせ私の原点はここから始まったのですから。

2012_0705釣り0010 

湖の状況としては産卵後期ではありますが、プリとアフターが混在する状況で、シャローに飽きない程度のバスがクルージングしており、2人で楽しめました。

2012_0705釣り0004 


最近マッディばかりなんで、再来週の東京チャプターを意識してサイトフィッシング!!



2012_0705釣り0002 

初心者の友人もコツを掴むのが早く、バスフィッシングを楽しんでくれています。
この湖のバスはみんな魚体が綺麗でコンディションも抜群!!

・・・・・かなりスレてはいますけど、岩陰からこっそりステルスアプローチを行なえば、釣れてくれるバスの数がグッと上昇。

1341487956033.jpg 

ベイトフィネスの7ポンドでなんとかランディングに成功した、50オーバーのナイスプロポーション。

余裕の4キロオーバーがロックしているのですが・・・・・スピニングじゃ絶対獲れないけど、ベイトじゃ繊細さを欠いてしまいバイトに持ち込めない。

もっと精度の高いアプローチ&サンクチュアリ潜入の為、一度は西湖にボートを出してみたいと、毎年今くらいの時期に思っています。
かなりの好釣果が期待できそうです。




私は40アップだけで10本超え+50近いのも数本キャッチできたので満足ですが、やっぱり溶岩を対してのフィネスには難があり、ベイトフィネスのメリットが光りました。

昨年はPEラインを用いたパワーフィネスで対応していたのですが、なんだかベイトリールを使ったベイトフィネスの方が気持ち良い!!

でもスーパーフィネスタックルで思い存分ライトライン使えたら、きっと倍の釣果が見込めるはずです。


2012_0705釣り0007 

昔から何をやっても要領が良い友人。生涯バスの釣果4匹??を大きく上回りこの日だけで12本キャッチ!!
もし本格的にバス釣りやっていたらと思うと・・・・・末恐ろしいセンスの持ち主です。 




朝の10時から暗くなるまでバスを追いかけました。

ここまで人を魅了するブラックバスに心の底から感謝です。友人も数年ぶりのバス釣りを満喫してくれたようでした。
未だにデカバスと対峙すると、息が上がり、心が震え、釣り上げた瞬間の感動は生きてて良かった・・・・そう思えるレベルの至福を与えてくれます・・・。


まだまだ未熟。発展途上。必ず来年こそはあの岩岬・・・・ロックポイントにドカ浮きしているモンスターを仕留めることが出来るよう業を磨く所存です。
4年目の今年も釣り上げる事が出来ず、アドレナリンだけが体内で分泌されていました。暗くなる湖を背に、悔しさだけが募りました。



一魚一会。バス釣りをやっていると、運命なるものを度々感じます。全てのバスとの出会いが運命のような気がしてならない。特にトーナメントでは、その筋書きの無いドラマに魅せられます。
 



釣りをしていて上手くなっていると実感できる部分もあれば、壁にぶつかり平行線のまま進化出来ていない部分もある。
明らかにタックルは進化して、リグやルアーも多様化を極めている。


釣れるバスは明らかに増えているハズだ。


しかし道具の進化は皆一緒。自分自身が上手くならないと、人と差は出ない。
トーナメントに身を置く者として、これは最重要課題だと痛感する。
 
経験の蓄積。

もっと上手くなる!!自分の成長が楽しみでたまらない・・・・・。



バスが漁協で魚種認定されている、バスアングラーウェルカムな西湖でも、かなり多くのゴミが目立ちました。魚が釣れなくても、自棄を起こさずフィールドに感謝してゴミは各自持ち帰りましょう。
各メディアでも警鐘を鳴らしていますが、バスの扱い方同様、まずはそれ以前のアングラーとしてのあり方が重要です。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。