スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JB霞ヶ浦シリーズ 第1戦 エバーグリーンカップ

2012_0318釣り0001 



程よい緊張感に包まれた霞のスタート前・・・・・。
まだ全てが白紙の開幕戦に、期待に胸を膨らませながらフライトを待つ。

河口湖大橋同様、潮来大橋を越えて、プレーニングする瞬間はアドレナリンが抑え切れません。
初めて河口湖戦に出た時の様な、懐かしい気持ちが蘇ってきました。


10180_20120318_131410a.jpg 

結果は厳しいながらも、なんとか1本756グラムをキャッチ出来て、12位という好ポジションから駆け出すことに成功しました。

しかし、このバスに辿り着くまでには悔しすぎるドラマがありました。

朝一、横利根川の水門から釣り始めるものの、ノーバイト。
このエリアを見切り、前日プラでバックシーターがキロ後半をクランキングでヒットさせた牛掘の沖テトラへIDO~!!

かなりの距離がある沖テトラ群ですが、前プラでひたすらマスターズの額賀プロとクランキングした甲斐あって、感覚的に釣れそうなエリアは絞り込めていました。

プラで多投したルアーは主に、ウイグルワート・ウィーワート・リトルPT・Tフラット・ストライクキングプロモデルシリーズ3・ダンクSP・ハイカットSP。

2012_0323釣り0005

試合では、ウイグルワート・Tフラット・ダンクSP・ハイカットSP・シャッドラップを中心に巻きつつ、ピンスポットはダウンショットを投入していきました。



すると、ここぞというスポットで前日のバスを髣髴させるキッカーがダウンショットにバイト。
トルクフルな引きに期待は高まり、姿を見せたグラマラスかつセクシーなボディに心が躍ると同時に、心の琴線が張り詰めた瞬間、まさかのフックオフ・・・・・・。
 
手は震えて膝はガクガク・・・・。
心臓はバクバクで喉はカラカラ・・・・。

頭に血が上るというより真っ白になった。
後から込み上げる憤怒。相変わらずチャンスをモノに出来ない勝負弱さ・・・・。


でもこの久しぶりの感覚に正直嬉しかった。
やっぱりトーナメントは面白い!!


KIMG0113.jpg 
(河口湖ではライバルの額賀さん。霞ではまたプラにつきあってくださいね!!ありがとうございました!!)

せっかくバスが食べてくれたのに・・・。

昔より、だいぶ平常心を保てるようになりましたが、 頭の中はグルグルでポーカーフェイスを装った偽りの平常心・・・・それでも冷静さを欠かさず集中力を切らさないと言うのは、当たり前ですがとても大切な事です。

後悔したところで魚は戻ってきてくれない・・・。
失敗を次に活かして最善を尽くす!!


プラでもっと魚が触れていれば対処法を模索出来たのに~。


無意識のうちにロッドグリップを握る手が強くなった・・・・。


同じ条件のスポットで再度バイトがあるも、上がってきたのはバラシた半分くらいのバス。

試合を終えてみると、意外にもタフコンディションが反映されたリザルトに、1匹の価値は非常に高いものでした。


2012_0318釣り0002 

たかが一匹、されど貴重な一匹。少し投げやりな感じでの帰着でしたが
一匹の大切さを身を持って実感しました。



反省フィッシングでは小高干拓に怪魚を釣りに行った後、再度試合で好感触だった牛堀の沖テトラへ入りなおすと・・・・。

2012_0318釣り0003 

ビッグベイト男!?長瀬けいいちプロに、1350グラムのグッドコンディションのバスがヒット!!
 
このバスのお陰で、自分の考えに自信が持てたし、モヤモヤが吹っ切れました。

JB霞ヶ浦、楽しくなってきました。
次大会は6月と経験がある時期かつ、日程的に余裕を持ってプラに入れるので、せっかくのポイントを無駄にしないように頑張ります!!
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。