スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスターズ生野銀山湖。

ついにトーナメントトレイルが始まりました。 


2012_0314釣り0002


プラクティスを含め計5日間、兵庫県朝来市に滞在したわけですが、毎日このような天気でカラッと晴れることはありませんでした。

2012_0314釣り0012 
(マスター選手からも何故か好評だった、前回のブログの嘆くポーズ・・・・なんだか悔しがると言うより、大名行列にひれ伏す農民みたくなってしまいました。笑)



ノーバイト、ノーフィッシュ。


かなり勝ちを意識していたので、悔しくてたまりません。
今でもバスと対峙した瞬間瞬間の映像がフラッシュバックしてきます。

瞬間に狩る勝負強さ・・・。
刹那を征する渾身の一手・・・・。

鞘に掛ける手が震えていたんじゃ、居合いどころではありません。
一瞬の躊躇、判断ミスが命取りの究極のルートフィッシング、サイト戦略。


何度もシュミレーションして、完璧に練り上げたタックルセッティング。
しかしと言うか・・・やはりと言うか・・・・、生き物相手、そう上手くはいかないもんです。

とにかく集中して、来たるべきチャンスに全力を注ぎ、バスの下すジャッジメントに懇願しましたが、僅か数センチの距離が果てし無く遠い・・・。

プラでも頻発した、口元数センチの攻防。
想像以上に分厚い壁だったのかも・・・・っと帰着と同時に思い知りました。
 


打てる手は打った。

全力を持ってしても打破できない現状。
ならば自身の力を高めるほかありません。





急深かつストラクチャーに乏しい掴み所のない地形に対し、試合でのメインはサイトで、試合時間のほとんどをワンエリアでタイミングのシンクロに費やしました。
マスターズを行なうには、かなり小規模なリザーバーでディスタンスが全く取れず、他の選手とシェアしながらの狭苦しい試合運びはキツかったですね・・・・。


でもフィールドとしては津久井湖に似たものがあり、もっと近場であればチャプターやJB戦にもエントリーしたいと感じた程、魅力のあるバスとの会話が弾むフィールドでした。
ただ来年も銀山戦があるとしたら、開催時期をもう少し遅くしてもらいたいです。(笑)


http://www.jbnbc.jp/_JB2012/view_result.php?t_id=10080&page=story&u_id=1331780636

↑↑JBNBCのホームページに少しですが、プラで釣ったロクマルの事を掲載してくれています。
良かったらご覧になって下さい!!


2012年、私のマスターズシリーズはこれからです!!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。