スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津久井湖オープン

一日で6メートル増水!?

さらにタイムラグで生じた雪しろによる水温低下!?

試合開始前から、テンションダウンです(笑)

2ヶ月ぶりの津久井湖は、例年なら減水へとシフトしているはずが・・・・・まさかの超満水!!
さらに急増水後は全く釣れていないらしいです。

皆さん口々に「今回はダメだなこりゃ」と仰っていますが、誰もが頭の片隅で優勝を狙っています。笑
もちろん私も・・・・「もしかしたら」と前向きに妄想しながらフライトの合図を待っていました。



朝一は昨年同時季にポテンシャルの高かった大沢ワンドからスタート!!
するといきなり見えバス発見⇒アプローチミス⇒逃走・・・・と、あっけなく本日一番の大チャンスを棒に振ってしまいました。

2012_0212釣り0001
 

日が射したタイミングでも張り込みを行ないましたが容疑者ブラックは姿を現さず・・・。
驚いたことに、朝は6℃台だったインレットの水温が試合終盤は7.7℃くらいまで上昇していました。


この試合唯一楽しかったのは・・・・・。
道志橋を越えてすぐのベンドのインサイドでニゴイフィーバーを体感した事!!
GBI改リトルマックスをシャクって重くなる度に、もしかしたらバス!?かもと慎重にやり取りするも、全部251(笑)


2012_0212釣り0007 

そんな激タフな津久井湖を制したのは、1700グラムのビッグフィッシュを持ち込んだマスターズの小林プロ!!
上流域沼本対岸の崖崩れにて、自作スモラバを通称「デビルシェイク」してキャッチされたそうです!!

優勝おめでとうございます!!今年も多方面でお世話になります!!笑


2012_0212釣り0006 


そして今大会は1匹だけじゃないんです!!
2位はいつも良くして頂いている山口さん。

こちらもグットクオリティーの1300グラムのバスを、大沢ワンドの小規模ゴミ溜まりにて、ベイトフィネスのスモラバ仕様でキャッチ!!

この2人の方に共通すること・・・・・。
それはしっかりプラクティスされているというところです。
博打打ち要素の強いオープンでも、プラは絶対にプラスになります。
去年は自分も全戦プラクティスして挑んだのですが、今年は資金的に厳しく、ぶっつけ本番になってしまったことが悔やまれます。




アットホームな大会で、ついつい釣りよりも、「お喋り」に夢中になってしまうところは、オープンのいいところではないでしょうか!?
「日本一釣れないトーナメント」なんて言われたりもしますが、やっぱり試合ということで、得られるものはたくさんあります!!
先月も全員ノーフィッシュ。今大会も、心の中では正直全員タコだと思っていました。

けれど大会となると、必ず誰かが、どこかで、何かが、起きるので楽しみです!!


今季のオープンはこれで最後でした。
来季こそは!!頑張ります!!


津久井湖オープンのスタッフを始め、参加選手の皆様、各協力関係者の皆様、今季もありがとうございました!!
来季も楽しみにしています!!


PS
ゲスト参戦して頂いた、沢村プロの「トーナメントは楽しくないと続けられない」には、すごく共感が持てました!!
来月からは本格的にシーズンインしますが、今年も楽しくをモットーに駆け抜けます!!


相変わらず・・・・・今日も津久井湖を後にしたのは真っ暗になった、一番最後でした(笑)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。