スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に良いモノ。

福岡滞在最終日はFカレ時代、良く通った佐賀県北山湖へ。

GBI総帥の桑野先生に同船させて頂きました~♪♪

2012_0108釣り0001 


知識や経験が増えた今でも、お世辞抜きで「巧い」と感服してしまいます。

余談ですが・・・・。

関東に出て、改めてグルーバーズベンドロッドのクオリティーの高さに驚きました。
思い返せば、初めて買ったロッドはソリッドティップモデルSMOOVEの名作「北山CUSTOM」でした。(今でも鮮明に覚えています。初めて使ったのは北山湖。GALPシェイキーワーム・ジュンバグのJHWで夢の橋で最初の1本を釣りました。感度が落ちるとされるソリッドティップでしたが、フォール中のバイトがしっかりと手元に伝わってきました。雨降りしきる中、手漕ぎボートで水面を逃げ回る公魚ボールを狙い撃ちしていたんですよね・・・・。時たま驚かれるのですが、釣りの記憶と言うものは良く覚えています。)http://www.bassweb.tv/groov/smoovekitayama/kitayama.html

入学当初、野池上がりでバリバリのミーハーアングラーだった頃、なぜ多くのスキルアングラーがGBIの竿を溺愛し、絶賛しているのか??全く理解出来ず・・・・・毒舌の先生が作る竿は「ホントに良いものなのか!?」正直なところ、最初は否定的なクールな目でGBIのロッドを手に入れました。 

当時、まだボートも所有しておらず、毎日「原チャ」でオカッパリに明け暮れる日々。
高校生の「自転車」から移動手段が格段にパワーアップした事により、遠方の様々なフィールドに足を運ぶワクワクの毎日。
オカッパリと言えば・・・・・7フィートクラスのヘビーロッドが主体で、私自身パワーフィッシングが大好きなことも相俟って、なかなかスピニングを握る機会がありませんでした。

それでも、スピニングの方が攻略に適した野池も多々あり、そういったフィールドで北山カスタムを投入し、少しずつフィネスの面白さや難しさを見つけていきました。
ですが、やっぱり北山カスタムの存在が際立つのは、名を与えられているだけあって、ライトリグのローテーションに手数のいる北山湖。
実習やチャプターで訪れるうちに、北山カスタムだけでは網羅できず、更なるロッドの必要性を感じて、当時流行っていた「ジグヘッドのミッドストローリング」用に「SLIDE STAR」を新調しました。
手にしてすぐは、イメージとの違いに戸惑いましたが、セッティングを煮詰めると北山カスタム以上に、とにかく私にフィットして、格段に釣れる魚の数が増えたのには衝撃でした。
後にスライドスターは北山ダム不動のスタメンとなり、オールパーパスとロッドパワーの秀逸さから、北山カスタムは北山ダム以外でも活躍が目立つようになりました。

スライドスターを用いたフロロ4ポンド+1.8グラムジグヘッドでのディープラインのボトムから少し浮かせた中層のスラッグシェイクアクションは北山湖に激ハマりでした。 このテクニックは派生を作り出し、それぞれが今もなおトーナメントシーンで輝きを放っています。

ミドスト専用機、「スライドスター」との出会いが、完全に私をGBIの「虜」にするのでした。(でもね、GBIロッドと並行しながら他社の最高級モデルもちょいちょい購入しとったんですよ。でもその度に最終的にはGBIの方が良かった・・・・ってなって特にグラスロッドは在学中、3社のモデルをお年玉とかで買って使ったけど、結局GBIに行き着きました。それからと言うものめっきり・・・他社は使ってないです。でも実は最近、久しぶりにGBI以外のロッドを手に入れて結構使ってます。日の目を見る時も近そうなので、機会があれば紹介します。)
http://www.bassweb.tv/groov/smooveslidestar/slidestrar.html


さらにこのタイミングからトーナメントにのめり込み、「フィネスの有効性」に気付き始め、今までは自分のスタイルに合った魚を楽しく釣る・・・というスタンスでしたが、トーナメントに参戦するようになって、いかに勝てる魚を釣るか・・・・という自分主体から魚主体へと思考が変わっていくのでした。 
 

っとこの話し、なかなか終わりが見えてきませんので以下省略(笑)



河口湖でポークがメインになって出番が減りましたが、春のシラウオパターンや三瀬谷ダムや相模湖での中層攻略には未だにスライドスターが先陣を切ります。

河口湖ではダウンショットもジグヘッドもあまりラインを振らないので、ズル引きで、よりフックアップ率を高める為にオールソリッドの「レイアウト」を愛用しています。
ただし、釣りはケースバイケース!!結局のところ、季節やアクション・・・・シチュエーションに応じて色々使っているのが現状です。
ちなみに私はGBIロッドの場合、ソリッドティップよりオールソリッド派。その方がバスとの呼吸が合わせ易い様な気がするんですよね~。


だ~いぶ話しが逸れてしまいましたが・・・・。
RPGでもそうでしょ!?良い武器を装備すれば、それだけでステータスが跳ね上がりますよね。

釣りの場合、さらにそのロッドの特性を理解し、使い込み、その先にある使い手(アングラー)と武器(ロッド)が一体となって発動条件を満たす「魂の共鳴」を自在に操ることが出来るようになれば、もっと釣れる魚、得意なシーンが増えるはずです。
まっロッドだけじゃなく、ルアーでも全く同じ事が言えます(笑)

ルアーやロケーション、キャスト、当日の朝ご飯etc・・・何もかもの全てがマッチングした時に覚醒する「共鳴連鎖」を引き起こすことが出来た時、それは新たなる境地を体感出来るキッカケとなるでしょう。



もし、納得のいく、魂を揺さぶる最高のロッドにまだ出会えていないのなら、一度手にとって、そして使って頂けたら嬉しいです。


ただグルーバーズベンドが絶対完璧!!だというわけではありません。考え方やスタイルの違い、また個々の求めるものや好み、感覚によって人それぞれの「ベストマッチ」というのがあります。
そうでなければ、バスフィッシングの道具がここまで多様を極めたりしないですもんね。
あんまり知ったような口を叩くと店主に怒られそうなのでこのへんで・・・。



いやホント、バス釣りって素晴らしい(笑)



グルーバーズベンドロッドへの思い入れ、そして感謝の気持ちから、かなり宣伝チックな内容になってしまいました。



話しは北山湖釣行に戻って・・・・・。


今回ライトリグよりも反応が良かったのがメタルバイブ!!

PB2004631.jpg 

一見テールにピロピロが付いただけのようですが、先生曰く「構想5年、ついに形になった」と・・・・。


私がノーマルを先生がGBIチューニングモデルを同じスポットで使ったところ、その差歴然!!ノーマルモデルと比べた場合、5VS1程の大差が出ました。
何がここまで差を生むのか、真相は教えてくれませんでしたが、とあるバイトが増えていることは私の目にも明らかでした。
しかも先生にお願いして、ついに自分にも貸して貰える!!っと喜んでいた、その時。

湖上でお客さんが買いに来て、目の前で全部売れてしまいました・・・・・・。

というわけで使えず仕舞い。

でも手は打ってある!?ので、後ほど使ってみてインプレしますね(笑)たぶん1月中には届くと思うので・・・。

P8290040.jpg

ロッドはオールソリッドのベイトフィネスモデル「SWORD DANCER 猛者」を使用。
このロッド、まだ試合でのウイニングパターンにはなっていないものの、春のサイトを始め、プライベートフィッシングではステルスキャリパーをも上回る??程の見せ場を創ってくれています。

2011_0711釣り0028 

昨年の7月上旬、コンタクトエリアにてベントミノー106Fを本気食いしてきたビッグママ!!
産卵を間近に控えた、おそらくフロリダバスと思われる3597gの自身レコードフィッシュも、「猛者(もさ)」によるものでした。
http://www.o-s-p.net/jp/good_job.php?uid=176


オールソリッドなんでバスが暴れず、またバッドにチタンが巻いてある為、トルクも申し分ナシの頼れる1本。
俗に言う、柔よく剛を制すってやつ!?
汎用性が高いのも魅力のひとつ!!
猛者をベースに、少しレングスや硬さをカスタムしたオリジナルモデルを特注したいのですが、現在トーナメント用に3本も他のモデルが注文してあるので、我慢・・・・・・・・我慢(笑)



リトルマックスの魅力的なアクションの仕方を教わってから、だんだんと捕獲のペースがアップしました。
単調に思えるリフト&フォール。誰がやっても同じ・・・・ってワケではないんですね。

それでも結局のところ、GBIチューニングモデルとの差は開く一方でしたけど・・・。 



釣りが上手くなればなるほど、気付かされる、グルーバーズベンロッドと店主の凄さ・・・・。
久しぶりに、一緒に釣りして痛感しました。夏の雷魚ツアーの時もコテンパンにやられたんですけどね。
ムシムシしたラーの生息地で・・・・・。
「お前、ホントに魚が見えとらんな。」
「オレが思っとったとより、よっぽど下手なままやな。ようそれで魚が釣れるな。」
「福岡居った時と何も変わってない。釣りというものが分かってない。少しは考えた方が良いぞ・・・・。言われんと分からんとか終わっとる。」


それから半年、水温5℃のリザーバーで・・・・。
「お前アタリが分かっとらんな。」
「何でか分からんやろ!?」
「魚探見きらんとか!?」




自身を客観的に見ても、指摘されんと気付かんからな~(笑)
感覚で釣りをやってたんじゃ、いつまでたっても上達しないですからね。
もちろんお得意の・・・・・「なんとなく」「釣れそうだったから」「気になったから」のシックスセンスは継続??的に、もっと頭脳を使うITフィッシングに目覚めたいと思います。
新年早々、焦り始めました~。


次、帰郷するときまでに・・・・・・ぜってー上手くなってやるってばよ!!
スポンサーサイト

Comment

うずまきダイキ!

白眼使えれば魚探いらずなんだけどね… 笑

きべっちさんへ

日向一族の血継限界ですもんね。

そういえばHDSの地図カード届きましたか?

バッチシ届いてるよー。

No title

なにこのブログ!超面白い!!

t-へ

はよJB復帰し~(笑)

No title

ビクゥッ∑(OωO )
30までには・・ (笑)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。