スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津久井湖オープン

前情報では「釣れてる」と聞いていた津久井湖。


蓋を開ければウェイイン3人、一本釣れれば表彰台という「いつもらしい」結果で幕を閉じました。


それにしても津久井湖オープンはギャンブルチックですね。
基本的にパターンと呼べるものが皆無で、いかに希少種のブラックバスを引き当てられるか・・・・・まさに運の戦いとも取れます。
知識や経験が反映されないわけではありませんが、それをもってしても打破出来ないのが現状。
それなりにシーズナルに則ったセオリーを実践するも、なかなか答えが返ってこない。


本当にこれでいいのか!?バスの居る所にプレゼンテーション出来ているのか!?まさに疑心暗鬼に陥ります。


小学生に高校で習う科目の教えを説いても、馬の耳に念仏なのと一緒で、まだ他のフィールドで培ったノウハウがあるだけに、基礎の上に積む形で一日ノーバイトでも収穫があり無駄にはなりませんが、釣りを始めたばかりの人が、最初から難関である津久井湖に挑戦するというのはオススメは出来ないですね(笑)

特に冬は(笑)
逆に下手になるかも??笑


そんな上級ドリル的な津久井湖ですが、私も試合中に一度だけチャンス!?みたいな得点圏にランナーを進めるところまではありました。
観光前⇒色々経由で串川⇒中村台地(優勝の浅見さんの一部始終を目撃)⇒観光前と放浪した後、最後に大沢ワンドの最奥へ様子を見に行くと・・・・・。

ちょこんと岩から顔を出した600gくらいのナイスキーパーを発見。河口湖の溶岩帯でたまに目にするオイシイロケーション。
かなり近い位置で見つけたものの逃げる様子はなく、一度距離をとり、リグリグして、落ち着いて・・・・・再度岩に近づきキャスト。

・・・・が、無視!!

誘いのキャスト、食わせのキャストと完璧なアプローチが決まった末・・・・逃走!!
なぜだ!?完璧だったハズなのに・・・。
思えば今年の河口湖でも、結構逃げられたな~。

自分に非はないと省みないのは進歩がないな・・・・なんてブツブツと頭の中で呟いていると、戻ってきてくれた~。



ドライブクロー2インチ 極小ネイル挿入の究極食わせネコを祈りながらキャスト。

・・・・・これを持ってしてもダメでした。
スモークボディに散りばめられた生命感を宿すグリッターラメが人もバスも誘う、ベイトフィッシュライクな良い感じの「スモーク・ペッパー&コパーフレーク」
フィネスが有効な場面では多用するお気に入りのワームです。

FECOに縛られない、何でもOKな本来のバスフィッシングを楽しめるのは、津久井湖オープンのイイトコロ。
もっとバスが釣れてくれたら・・・・さらに嬉しさ倍増なんですけどね(笑)

そんなこんなで・・・・・。

すでに3月の一番豪華な??津久井オープンGC大会がマスターズの初戦と被っており出れない状態。
馬渡、大沢にデカバスが登場するタイミングで、今年も河口湖Aと被って出れなかったんですよね。
今年は津久井湖オープン全戦タコ・・・・・かつプラでもタコと悔しかったので、バスが見えるようになってきた河口湖A初戦の前プラの、さらに前の日、完全プライベートで津久井湖にお手合わせをお願いしたもんです。


釣れませんでしたけど・・・・。


そして追い討ちをかけて東京チャプターの仮日程を聞いたところ初戦が、JB霞の初戦と被ってしまっているようです。


3月の相模湖と言えばビッグベイト=ビッグウエイトが期待出来る、ゼロと隣り合わせながらハマると凄まじいパターンが存在するタイミングだけに、参加出来ないのは非常に残念です。
しかも・・・・東チャプ開幕戦だし。



ともあれ、来年もワクワクするトーナメントがいっぱい!!
上手い事スケジュールを組んで、より多くの試合参加を目指します!!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。