スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水中はもう冬!?

先日、ふと携帯の待ち受け画面に目をやると、「日本版GPS構想」という見出しが飛び込んできました。

興味を抱きつつ詳細を読んでみると「首相の後押しで調査費予算確保。衛星7機体制が実現すれば高精度の位置情報が可能に。」と書いてありました。


都合良く解釈すれば・・・・上記が実現すると魚探のGPSもパワーアップすると言うことでしょうか!?
具体的に自船位置が正確になり、その恩恵でマーキングした位置もジャストミート。
そしていかなる時も受信状況が良く、それでいて誤差がほとんどない。


皆さんも少なからず今のGPSに不満があると思います。
だからもっと高性能になれば、さらにストレスフリーに、モヤモヤせずに気持ちよく、ピンスポット等GPS頼りの釣りが展開出来るでしょうね。
 




っと前置きが長くなりましたが、24日は久しぶりに上杉さんと相模湖に行ってきました。
上杉さんと言えば・・・腰痛ですよね。


最近やっと調子が良くなってきたそうで、安心しました。


僕も腰に呪いがかけられているので、少し無理をするとすぐに腰が痛くなります。
でも歩けなくなったり、寝返りがうてないほど強烈なものではなく・・・・疲れてくると、ちょっと座りたくなるくらい(笑)


ですがアングラーに腰痛持ちは結構多いので、私も日頃から気を掛けています。


そんでもって、やはりボートフィッシングにキャスティングシートは絶対必需!!
特に荒れた時や、長時間立ち続ける際は腰に相当な負担が掛かってしまうので、皆さんも釣りに夢中になり過ぎて、ついつい腰を・・・・なんて事が無い様に気をつけて下さいね。


2011_1124釣り0008 

相模湖の水温はというと、非常に冷たい11℃。秋山川上流や、吉野最奥はさらに冷たい10℃台。
山中湖や河口湖に比べ、標高も平均気温も、そして朝晩の冷え込みも緩いはずなのに、これらのレイクより2℃以上も低い事にビックリ。
インレットの水温が低いので納得ですが、逆に2月位の最低水温は、相模湖の方が幾分かマシになります。


上の写真は合流点の島周り6メートルレンジでジグヘッドにモゾッとバイトしてきてくれた、キーパーあるのか!?サイズ(笑)
完全に冬の気配が伝わってきました。


お互いに相模湖は久しぶりということもあり、ザッとシャローをビッグベイト等で流していくも、ノーチェイス。

途中、大曲手前の崖崩れによって出現した「水中ティンバーランド」にて、メタルジグを強要されました・・・・・(笑)
結構な規模に魚探は「絶対引っ掛かる」と自重を促しますが、ドSな上杉さんは「大丈夫だって~」とキャストを急かします。渋々キャストしたら案の定、根掛かり・・・・・。
「取れるって~」の言葉に、半ば諦めながら、引っ張ると無事回収出来ました。思いっきりアシストフックが折れてましたけど・・・。

そんな私、実はホプキンスに代表されるメタルジグの「バーチカルジギング」で40アップを釣ったことがありません。
そもそも数もあまり釣ったことが無く・・・・代わりにリトルマックス等のメタルバイブは「冬の野池の鉄板」として良い思い出がいっぱいあります。

リトルマックス 出た~!!
コットン 丸呑み 

数もサイズも良く釣れました。
特に低水温期にハマった時の威力は、他ジャンルのルアーでは太刀打ちできない程凄まじく、目を見張るものがあります。

メタルバイブは冬の野池で爆釣出来る、、数少ないポテンシャルを秘めた、言わば「独壇場」にしばしば遭遇する貴重な漁具。

皿池タイプに相性が良く、遠投してからのスティディーリトリーブやリフト&フォールでガツンとくるのは、まさに冬の醍醐味。
野池群での水門ランガンや、テトラやリップラップでのマキマキは、もはやワームより効率の良い「王道」であり「ストロングパターン」・・・・ダブルフックの恩恵で意外と根掛かりが少ないのも魅力ですね。・・・・・とは言いつつロストも数知れず(笑)

メタル劇場、最近無いな~(笑)


長々と思いに耽てしまいました。



とは言え、似たようで異なる「ジギングスプーン」タイプのメタルジグは、毎年克服できない課題のひとつです。
実は去年、数個だけ手に入れたグルーバーズベンド(製造はFCL)の置きメタこと「TB.J」も限定生産の言葉にロストを恐れて、アクションを見ただけでほとんど使ってもいません。

TB.J 


応用とか、ローテーションとか、次の段階を視野に入れる前に、まずはしっかりと基本的な入門編から練習したいと思います。
メタルジグ入門には敷居の低かった「北山湖」ですら、ライトリグに走ってばかりで、ハメた事が無いですからね。
魚を釣ることによって得られる自信・・・・・このレベルアップに大切な基礎に時間が掛かりそうです。

今頃ツケが回ってきました。


季節が進み、バスの活動が止まってしまう前に、まだそれなりに反応値が高い「初冬」にいっぱい投げて覚えます。
ビビッてないで、立ち木なんかにも(笑)





だいぶ話しがそれてしまいましたが・・・・。



釣行時間は長くなかったとは言え、わずか1本で終了。30日も夜勤明けの上杉さんと相模湖に行く予定なので、次はクオリティーフィッシュを釣れる様に頑張ります!!


・・・・・なんでも次の日、平川さんは3本で6キロ超えと驚異のスコアをマークしたそうです。もちろんデビルジグで・・・(笑)
日相クラシックと言い、とにかく強すぎです。
今度の「平川さんを倒そうの会」に参加出来ないのが残念ですが、いい加減私も相模湖のカバー撃ちを練習しないと、何時まで経っても勝てそうに無いので、オフはしっかり課題を持って「上流以外の手駒」を増やせるように励みます。

まずはカバーですね!!もちろん並行してメタルジグも!!
やることいっぱいで寒い冬もワクワク(笑)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。