スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JB2河口湖。

あ~あ・・・・・。

今日もガッカリです。

悲劇は開始早々私を襲った。

見ていた選手の方も多いと思いますが、実は朝一、開始10分程でいきなりモンスターを掛けたのですが、長丁場の末、最悪の結末に・・・・。
朝っぱらから船団の中をバスに引っ張られ、右往左往して申し訳ありませんでした。

掛けた瞬間猛ダッシュで、ドラグでは追いつかない程強烈に引いたため、ベールを返して応戦。
沖に沖にボートの間を縫うように誘導していったのですが、あまりのデカさに制御不能。

ジャンプした時に、巨大すぎて体半分しか水面に出ず・・・・・。
もしかしたら大台超えていたかも。


終盤アンカリングしている手漕ぎのボートのアンカーに引っ掛かり、これを手漕ぎの方の協力で外して頂いたものの、このフリーの間に桟橋に突っ込み、最後は桟橋から垂れていたロープに巻かれ終了。


計20分程の人生で一番の長時間のファイトは、意外と過ぎ行く時間に体が慣れて、思ったよりは精神的に余裕がありました。
しかし最後に、まだバスが付いているであろう巻かれて動かなくなったラインを切る時、自らの腕を切るような、何か大切なものを自分の手で失おうとしている・・・そんな残酷で悲痛な目を覆いたくなるほど辛いものでした・・・・・。



どうこう出来るレベルのサイズじゃなかったので仕方ありませんが、今となっては、もう少し攻めのファイトをやっていれば結果は好転したのではないか、こう考えてしまいます。 、

よりによって無数のアングラーや鯉釣りでごった返していたあれだけの混戦地で、幸運にもバイトしてきたのが不運の始まりだったのかもしれません。

フックの掛かりどころ、これさえ分かっていれば・・・・。

悔やんでも悔やみきれない・・・。
なんで公式戦に限って!?
本当にこういう気が狂いそうな精神崩壊って後に生きてくるのでしょうか!?

今はそう思うしかありません。





朝一に心を折られ、さらに予報に反し爆風・・・。
このままだと自滅してしまう・・・・。

とにかく魚を釣ること、これに専念して各所をランガン。


自分を見失いそうになりながらも、何とか地道にリミットを揃え、最後は入れ替えにも成功。
パートナーがこの日の最大魚を「意外な所」で釣ってくれて助かりました。
珍しくオール放流のみのウェイインでしたが、今日の私にとっては上出来だと思います。



2011_0625釣り0001
 

5本2336グラム、7位でした。
先日のB戦に続いて、またしても僅差での「LOSE A GAME」・・・・・今回に限ってはわずか42グラムで賞金を逃してしまいました。


でも今日という日は、一生忘れない悔しい気持ちと共に、執念で得たリミットメイクは絶対力になる、そうプラスに捉えることとします。



沈んでいた気持ちも、自ら仲間達に吐露することによって幾分かマシになりました。
なんと言っても試合は結果が全て!!
過程などは二の次、まずはしっかりと魚を釣ってくること。
私のように試合で「タラレバ」はつきものですが、結局は負け犬の遠吠え。


とにかく悔しさを嬉しさに変えるため練習あるのみ!! 




気持ちを切り替えて、心新たに明日も笑顔で頑張ります!!

現在Aシリーズは年間シングル。
ハーラートップのルーテーさんとはかなりポイント差がありますが、少しでも縮めることが出来きるように、ミスをせず力を出し切ります!!



年間シングルは死守します!!
スポンサーサイト

Comment

No title

その気持ちは既に次に繋がってますっ
自分を信じて突き進むのみ

精神の強さは日々の地道な努力!
もっともっと鍛えて勝って下さい
シングルと言わずもっと上を目指して

言いたいこと言い過ぎw
しかしでかかったんだろうねv-12

せるち様へ

いつも応援してくださって、そして励みになるコメントありがとうございます。
心のこもったメッセージは私の力になっています。



逃した魚は大きいと言いますが・・・今季一番だったかもしれません(笑)

おそらく生涯レコード5本の指に入っていたものと思われます。

アフターと思ってファイトしていたのですが、尽きることのないパワーにとりあえずラインを放出して繋ぎとめる他ありませんでした。

翌日に開催されたAシリーズでは、昨日切られた「ハワイ」エリアは朝一から放流バス狙いの船団で、フライトの遅かった私はパスしたのですが、運良くベストポジションに入られた先輩からは、「3500グラムぐらいのバスがシャローに居た」との事でした。


釣り上げてないので詳細は分かりませんが、掛けた直後に浮き上がりジャンプした時は、思わず「デッカ!!」と意図せずに言葉が漏れるほどの巨体でした。
その後は延々走られ姿を見ることは出来ませんでしたので、色々と謎が多いのですが、キャッチできないのであれば、むしろバイトしてこなかった方が精神衛生上良かったものと思われます(笑)

でも・・・・お陰で少し心臓が強くなったかもです!!

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。