スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最悪の結末・・・。

津久井湖オープンが不完全燃焼で終わってしまった為、本戦でのメインパターンに考えていた最強戦術を実証すべく、大沢最奥&道志川上流域に的を絞りサイトに没頭してきました。

2011_0217年賀0018  

ここのところ少しばかり増水傾向にある津久井湖。道志川上流の面積が増えており、全体的に浅くクリアウォーターも手伝ってサイトし易いエリアですが、ところどころ水が増えた影響でサイトし辛い深さになっていました。

しかしオープン時に比べてさらに水温が上がっており流入水はMAX8.5℃!!ボディーウォーターの6.8~7℃に比べて1.5℃も高い言わばオアシス。

月曜日に降った雪がまだ日陰にかなり残っていますが、相模湖と違って川筋の関係から「雪しろ」の影響は少なそうです。

ベイトも確認出来て条件は揃っているのですが、道志橋を越えた上流帯にバスの姿は未だ発見ならず・・・・。
鯉はわんさか居てゆうに30匹近くさして来ており、一瞬バスと間違えるニゴイもちらほら。

バスが現れるのも時間の問題ですね!!

現段階では沼本~道志橋に亘るストレッチの各所にある「ブッシュ及びレイダウン」にその雄雄しい魚体でサスペンドし、我々アングラーを釘付けにしています。
雄雄しいけど・・・・あのデカさは多分メスかな(笑)

今日もこのストレッチの込み入ったブッシュでフロリダ種と思われる55センチくらいの空母級に遭遇し、その迫力に圧倒されながらも落ち着いて・・・・。観察しながらキャストを織り交ぜていきましたが、私の手に負えるレベルのバスでは無かったです・・・。
戦闘を終えた後もしばらくは心臓バクバク、釣ったら逃がさず持って帰って一緒にお風呂に入りたいサイズでした。


意地悪な挑発系バスを諦め、第2候補の小規模インレット大沢ワンドにバウを向けました!!あの手のグラマラスな素っ気無いクールなフィメールは春モテるんだろうな~。
でも25センチくらいのチビオスじゃ食われてしまいそうですね(笑)




そういえばCHOさんに言われてからというもの・・・・名手橋を潜る時は必ず橋の上を確認するようになりました(笑)
無意識のうちにこれからも見上げる事だと思います。



15時大沢着!!
午前中にバスの様子はエレキで突っ込んで把握済みだったので、後半戦は本気のオカッパリアーミー大作戦で勝負を挑みました!!


2011_0217年賀0023 

朝は1匹しか居ませんでしたが、気温が暖かく、水温も温かくなった影響か、同世代と思われる48~53クラスが4匹!!

不用意にノーシンカー投げたら・・・・・ガン無視!!
タイトにトレースしたら逃げちゃった(笑)

しばらく観察していると先程のうち2匹は異常に帰省本能が強く、エリアというよりも狭いスポットに固執している様子。
彼等は流れ込みの水に支配されているので当然というか・・・・仕方ないというか・・・・私にとっては最高のアドバンテージです!!

2011_0217年賀0026 

この中央の鯉のすぐ上に見えるのがバスです。・・・分かりづらいかな!?

仕掛けるポジションにバスがステイするまでは待機・・・・なんで激写してみました(笑)
フラッシュには無反応なので、今度は鏡を持って行き太陽光を反射させバスに当てる実験を考えています(笑)

やっぱり眩しいのかな!?



そんなこんなで1時間ほどバスと対峙した後、タイミングを合わせ食わせる事に成功し、最初は鈍かったファイトも次第にヒートアップしていき、岸からでは取り込みの厳しい状況に追いやられたので、すぐにボートに乗りランディング体勢に入る・・・・・。

なれないローボートであたふたしていると目の前の倒木の絡んだスタンプにイン!!
スタンプの中に身を隠し動かなくなりました・・・・。


色々工夫を凝らし10分・・・。まだバスは付いている模様。
20分経過・・・・17時のチャイムが鳴る。まだラインテンションからバスの存在が感じ取れる。

最初はバスの感触がありましたが、次第にただの根掛かりのようになり・・・・強めに引っ張ってみると、まだまだ抵抗するのでバスがバレてはいない事が確認できる。

長い竹の棒で突っついてみたり・・・・リールが浸かるほどロッドを潜らせて引っ張ってみたり・・・・。
ギリギリランディングネットが届かない水深で、さらにササ濁り+エレキの水流による土煙・・・。

どんこんならんので、最後は潔く強引に引っ張りラインブレイクにて勝負あり!!
またしても負け・・・・。これが津久井湖なんですね・・・・・・。
サイズは余裕の50オーバー・・・・だけど悔しくなるだけだから、これ以上は触れないことにしておきます。

私の場合、「食わせた」という事実に勝ちを覚え満足することも多いのですが、今回の様な全身全霊を捧げて食わせた渾身の一匹は魚体を触らずには満足出来ません。
特にクレバーな「見えている津久井湖産50アップ」は最高のステータスフィッシュですから、なおさら・・・・。

やっぱりバスは釣り上げてナンボですね!!ガッツリと上顎を持った瞬間に感動が溢れ出しますからね!!
これで心が充たされるから、どんなに離れたくない可愛いバスでも愛を持ってリリース出来るんです。


いや~それにしても2人で釣りに来ていたら多分潜ってましたね(笑)ラインブレイクした後もまだスタンプから出てこずホント悔しさは募るばかり。

ラインブレイクした瞬間、どこぞのプロ野球チームの助っ人外国人バリに、バットならぬロッドを叩きつけてやろうかとカッとなりましたが、恩師の作ってくれた世界一のロッドなんで必死に怒りを堪え理性を失わずに平静を装っていました。

その後は完全燃焼・・・・心底落胆し、いつもより片付けも早く捗り、津久井湖を後にしました。

逃した魚は大きい・・・・。獲れなかったことにより、どっと疲れが出て、バスの怨念なのか・・・目の疲れからくる頭痛に悩まされ、急に熱っぽくなり普段ノンストップで帰宅するのですが、今日はルート上にある「谷村IC」で体調不良による仮眠を余儀なくされました。

すぐに寒さで目が覚め、家に帰ってご飯を食べだすと、あれま!!
不思議と体調が良くなり元気を取り戻しました!!・・・・でもなんだか風邪っぽいけど(笑)
 

そんなこんなで、今度こそ!!津久井湖バスにキスするぜ!!

タックル 
ロッド⇒BOOST Layーout Asset (レイアウト スラッグパフォーマーの特殊カスタム GBIワンオフモデル)
リール⇒ツインパワーMG2500S
ライン⇒東レ ハイグレード 3ポンド
ルアー⇒0.9グラムジグヘッド 3バスミノー パールブルーシャッド
スポンサーサイト

Comment

備えあれば・・・・

日中は、確立低いと思うけんど、、、、、

備えあれば憂いなし・・・・・みたいなi-205

まぁ~橋を潜る時エレキは、ハイバイパスで要注意しながらi-203i-236

後、、、

●井大橋と●志橋もネi-201i-201i-201(爆)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。