スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のサイト

今日は昼過ぎからの2時間半ほど河口湖に行ってきました。

2011_0117年賀0006
 

写真じゃ分かりづらいですが、今年一番の大荒れ!!
風速6メートルとの情報ですが、風に強弱がありMAXの時なんかは、ハイバイパスでも止まれない程の富士颪。

そんな中でも、わずかな風裏でどうにか1本釣ることが出来ました。

2011_0117年賀0004 

リグは私には珍しいスモラバ!?

しょっちゅう課題に挙げているスモラバですが、次第に疎かになり・・・・・今年こそは!!って意気込んでます(笑)

さすがに水温も3℃半ばで停滞していると、動きが鈍くなります。それでもルアーを発見しバイトまでの一部始終を見ていると生命の神秘??なる感動が垣間見れます。・・・・ちょっと大げさですかね!?

案外バイトの瞬間だけはバフッと瞬時に口を動かすのですが、狙いが甘く、またボトムに置いてある1.8gのスモラバをバキューム出来るのか!?ってくらい弱弱しい捕食モーションです。


こんな光景を目の当たりにすると、プロダクティブゾーンも狭く、また冬眠状態にあるディープのバスがそう簡単に釣れない事にも納得出来ます。
きっと越冬スポットのディープに、バスはいっぱい居るのでしょうが、仮死に近い抜け殻状態の奴ばかりで、どうしようも無いのが現実です。


河口湖の冬は恐ろしく釣れませんからね(笑)バスが居なくなったのかと錯覚してしまうほどです。放流している割には、言うほど魚影は濃くないので、オールシーズン頭を使いバスを探しています。

ホントいろんな意味で河口湖は特殊過ぎて難しいですよ・・・・(笑)



と言う訳で、私のバスボートじゃ限界なくらい波が激しく、どSな気候に対し、私もSの姿勢で風上に向かっていくと鵜の島を突破した辺りから風が上手くブロックされており、奥河口湖は平和を維持していました。

2011_0117年賀0007

がしかし、完全な冬モードに入ってからというもの、この辺でバスを全く見かけないんですよね~。居るのはヘラブー・・・時々巨コイだけ。

天気の良い日はなんだか水族館のようで気持ちが良いのですが、水中はシーンと静まり返っている日々が続いています。


春が待ち遠しいです・・・私生活も含めて(笑)

ウエアについた水飛沫が一瞬で凍ってしまうほど寒い河口湖。ソフトクリームは風に当てるとすぐに溶けるのに、風がバンバン当たっているウエアの水は乾くどころか、すぐさま液体⇒個体となるのは、気温がマイナスだからか!?

無意識のうちに鼻水が出るので、ティッシュORタオルが必須です!!
あまりに過酷なので自然と体が河口湖に赴くまで、しばらくは休養・・・・かな!?またすぐに行きたい気持ちになってくれるのを待ってみます(笑)

タックルデータ
ロッド⇒NINJYA(オリジナルモデル)
ライン⇒PE0.6号 フロロ1.7号リーダー
ルアー⇒BRジグ

その他
腹巻き(体温キープにこれ大事)

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。