スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻。

津久井湖オープンのプラクティスです!!
河口湖は最高気温1℃予報だったのですが、津久井湖は道志橋の電光掲示板で7℃!!

良いことです(笑)

2011_0107年賀0002 

ちょっと遅めのチャイムのなった12時調度に出船し、向かったのは上流。

2011_0107年賀0004 

ちょこちょこ様子見しながら・・・・1時間45分掛けて遡った最上流の流入域。

ボディーウォーターより水温が高く期待が持てましたが、居たのは鯉とニゴイだけ。
観光桟橋が8.3℃に対し、上流に遡るにつれ、少しずつ水温は下がっていき沼本周辺は7℃。しかしバックウォーターからのファーストベンド辺りで一気に水温が上がり9℃と、流入水は他より水温は高いものの、ベイトが居ない為か肝心のバスは見つからず・・・・。

2011_0107年賀0005 

そよいでいた風が止み、湖面に静寂が訪れる・・・。

一面に広がったシャローのクリアウォーター。目を凝らしてバスを探すも、一匹たりとも発見ならず。
鯉は結構居るので、ワカサギが産卵で遡上して来るタイミングで一緒に上がってくるのでしょうか!?

もともとハイシーズンは陸地にあたるこのエリア・・・オールシーズンこの水位を保っていれば、このエリアで越冬するバスも出てくるはずなのですが・・・。


湖によっては冬の増水をきっかけに、張り切ったバスがベイトより先に遡上し、その結果エサが無いためにガリガリになり、しきりにエサを探し泳ぎ回るバスがルアーにアクティブに反応する、そんなアッパーエリアサイトパターンも存在します。
しかもこの手の魚は回遊系に属するので、ハマると面白いんですよね!!

動きが鈍く、反応が素直でチェイス~バイトまで丸見えという非常にエキサイティングな釣りです。
さらにタイミング次第で季節先行型のアベレージを上回るバスが交じるというオイシイおまけも(笑)

クリアーな野池や里川でも似たようなシチュエーションに出会う事があるので、そういう釣り場を見つけたら思いっきり楽しむのが正解ですよ~(笑)

話しが少しそれましたが・・・・・。


その後すぐにワカサギが遡上してきて、プチ爆となり、そのままの流れでアーリースプリングからのプリスポーンと上流帯でゲームが作れるのですが、いやはや津久井湖は今のところそんなファンタジーは夢のまた夢のようです(笑)

とにもかくにもワカサギ次第・・・・・かな??

2011_0107年賀0010 

シャローが厳しいので、こういう風景の沖の・・・・。

2011_0107年賀0008 

こういう映像の出るスポットで、タイトにメタルを落とし込むもノーバイト。

メタルジグによる立ち木のバーチカルシューティングはリターンも大きいけど、リスクも比例して大きくなります。

こんなガッツリ入った立ち木には、重めのメタルをチョイス!!
いつもより優しくシャクってあげて下さい。意外とスタックしても自重があるので外れやすいです。

または立ち木の先端付近を攻めるというのもアリですが、経験上、冬はあまりトップにサスペンドしている感じではないので、ロストが怖いけどしっかりボトムをとってからアクションを入れた方が釣れますよ~!!

雪しろが入ったり、気圧が変化した時なんかは冬でも浮くことがあるので臨機応変に対応してみるのが釣果を伸ばすコツかも知れませんね。

2011_0107年賀0013 

PEの1号にリーダーはフロロの12ポンド。いつもより太目のラインシステムのおかげ!?・・・なのかアシストフックが折れて貴重な旧ホプキンスを失わずに済みました。

しかしこのあと他の立ち木でもっと貴重なゴールドを失くすという悲劇が・・・・。
これがこの釣りの最大の難点です。

だからおのずとこの系統の釣りは後手に回りつつあります。

そんなこなんで上流帯にバスがさしてきていれば・・・・という淡い期待を胸にプラに入ってみましたが、どうやら時期尚早のようでした。

各インレットの水温がボディーウォーターより上回りだしたのが気に掛かっていましたが、バスはそこまで意識していない模様。

プラス要因・・・・簡単なようで難しいキーワードです。

東京チャプター以来、バイトすらない状況が続いており、私の中で特別天然記念物並みにレア化している津久井産ブラックバス。幻の魚を求めて現状打破を目標に今年一発目の試合である津久井湖オープンに挑むわけですが、プラを終えて、本番何しようかな!?状態ですからね(笑)

どこにいて何をしているのか分からない、行方不明のブラックバスを水中映像で確認してみたいものです(笑)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。