スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初雪。

いや~昨日の相模湖で寒いとか言ってたらダメですよ~。

河口湖は昼頃に雪というかヒョウのような雨ではないものが降ってきました。

降ったのはほんの短い間でしたが、季節が進むにつれ、またあの冬が来ると思うと本当に憂鬱で仕方ないです(笑)
福岡に居たころは、そこまで冬嫌いでは無かったんですけどね~。河口湖の冬はメンタル的に鍛えられます。

夏は景勝地であり避暑地であり、住んでて得をしているような気にならないでもないが、やっぱりオフシーズンは故郷が恋しくなりますね。

夕方雲がとれると富士山が真っ白になっていました。もう泣いても笑っても冬です!!
実は去年、選手権でどん底に、そしてクラシックでトドメを刺され、完全なる負のサイクルから抜け出せなくなり、これが釣果にも影響し12月頭からマスターズ第2戦の2日目の50アップまで4ヶ月程バスを触ることが出来ませんでした。

そんな中、モチベーションも上がらず、エレキが盗まれボートも出せず・・・・・河口湖初年度はオフまで徹底的に凹まされましたよ。
どこか負け慣れしつつあった試合もクラシックの時、初めて涙が出る程悔しくて、そして自分が情けなかった。トーナメント初戦を失格で始まり、最終戦も失格。
本当に本当に投げ出しそうになった。

人一倍高いプライドがなおさら自分を苦しめた。

今思い出しても、あれだけ一年中歯を食いしばり続けた記憶はなく、試合の度に悔しさのあまり自分を見失っていた。

でもプロトーナメンターしては最高の駆け出しだったと思う。常にポジティブシンキングな私は、あの当時から神様が与えてくれた試練と信じひたすら耐えてきた。時には空を仰ぎ、自棄を起こしたこともある。

東京チャプター第2戦の津久井湖のときは、怒りを通り越して、呆れていた。どこまでこの負の連鎖は続くのか・・・・。
それでもシーズン中に気持ちを切らしてはなるまいと、再度気持ちを高めて挑んだJB河口湖Bシリーズ第3戦、やっと今までの苦労が報われた、そう心のどこかで安堵の気持ちと達成感に浸ることが出来た。

ここからやっと自分のリズムを取り戻し、本来の力を発揮すると共に、あのツライ経験がより一層メンタルを強くしてくれた。

なんだか話しが逸れてしまいましたが、ようは去年は4ヶ月もバスが触れなかったので、今年はそんなことがないように頑張ります!!って事を言いたかったのですが、いつの間にか去年を振り返ると急に感情的になりだして、つらつらと無意識のうちに文章が出来上がっていました。
 
真剣に試合やっているから、勝ったときは心の底から嬉しいし、負けたときはその反対に、心の底から悔しい。これはこの先情熱を失うまでは永遠に続いていくことだと思います。
今では去年のニガ苦しい経験が良い形で自分を支えてくれているので、これを土台にさらに上のステージに手を掛けられそうです。
明日もバイトですが、昼からなので午前中、河口湖に行ってきます。

最終戦のチャンピオンシップが不甲斐ない結果だったので、急遽泣きのラストゲームへ今月末に参戦します!!
リミットは3本らしいので、試合できっちり揃えられるよう練習です!!
もちろん入ったばかりの放流!!・・・・ではなくネイティブパターンの模索。
せっかくだから、玉砕覚悟でデカイの狙ってみますか!!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。