スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相模湖!!

かなり久しぶりの相模湖に行ってきました!!

東京チャプターのプラクティスです!!
本当は先輩と2人でエンジン船の予定でしたが、あいにく・・・・。一人でローボートとなりました。

午前中は私用で、出船したのは11時半頃。灼熱の相模湖ですが、風があるのでいくらかマシです。昨年のデータとセオリーで魚を探していくと、結構います。
試合ではバッティング率の低い、本湖をメインに戦いたいところですが、結局今日も行かず終い(笑)

新しいイメージ 
どんだけベイト喰ってんねん!!ってくらい腹パンパンのバス。
3本2000グラムくらいまでは比較的イージーに持っていけそうですが、相模湖を侮ってると痛い目に遭いそうですからね。

相変わらずデカイのは口を使いません。
16時から日没まで、バックウォーターでサイトし続けて、苦節2時間・・・・・。ちょうど放水がとまりカレントが緩くなった瞬間、55センチくらいの超巨大バスが奇跡的にバイト。

瀬に上がり淵に潜り、下流へと鬼ファイトを繰り広げ、3回浮かしたもののハンドランディングにてこずり、ブッシュに潜られラインブレイクしてしまいました。
ブッシュ際で猛ダッシュされ、一度踏ん張ったものの、上流からの流れに押されブッシュに体半分入ったところで、テンションをMAXに掛けてバスの顔をこっちに向けようとしたところ、首をブンブン振って切られちゃいました。

確実に自身相模湖レコードでしたよ(笑)津久井湖の時よりでかく感じました。逃した魚はなんとやらです・・・・。

とっても残念でしたが、久しぶりにプライベートで心臓バクバクいわせてました。切れた瞬間、自分もバスも5秒くらい放心状態でしたからね。ラインブレイクというのも久々の体験でした。

毎回のことですが相模湖のバスにはホント感心させられます。とにかくルアーを見切る。ほとんど上流帯の魚は目でエサを捉えているんでしょうね。超ブリブリのクセしてルアーには一切バイトせず、ベイトだけをしっかり見定めて捕食に移っています。
伊達にバクバク何でも喰ってるんじゃないということですね。さすがはあの巨体、バスの生き方そのものが表れています。

プラの手応えとしては上々ですが、どんなに狭くても絶対にネットは必要だということを身をもって体感しました。優勝するならモンスターを獲らないと厳しそうなので、試合までの間、色々と戦略を練ってみたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。