スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の野池 おかっぱり編

今日は遠賀川釣行のはずでしたが、延期に・・・・。明日行ってきます(笑)

ということで雨の上がった午後から、野池に行ってきました。しかしシャローにバスは残っておらず、頼みの枯れヒシモも完全に無くなっており、わずか30分で敗戦ムードに・・・・。仕方なくブッシュ、レイダウンにテキサスをぶち込むが、ノーバイト。頼みのノーシンカーも強風でラインが流され釣りになりません。

さ~て移動、となるのは過去の僕。(笑)今の自分に、釣れないフィールドはありがたいトレーニング場所。釣れない時こそ成長の鍵があるんです。いやでも頭を使いますからね。

まずは風裏。リトルMAX1/4とワインドキラービルで探る。釣れません(笑)堰堤沿いのブレイクをシャッドで流すもノー感じ。バスは完全にディープでじっとしている感じ。水中へと伸びる水門に、しつこくリトルMAXをキャストするがまったく反応なし。池の真ん中付近もリトルMAXで探るが全然・・・・。メタルバイブで釣れないとなると、自分の中でそうとうヤバイんです。(笑)もう一度水門を昨日買ったフラッピンソニックで・・・。そして一投目を投げた次の瞬間・・・・・。

根がかってしまいました。(笑)完全にやる気ゼロになっちゃいまして、ネコリグにチェンジ。ひたすらシェイク&ステイ。食べておくれの懇願鬼シェイク。こうなると何をやっても釣れないんですよね。見事にボウズくらっちゃいました(笑)

今日行った野池は周囲600メートル程の小さなところ。しかし、おかっぱりとなると必ず届かないところができてしまいますよね。そこにバスが集まってしまった場合、釣りになりません。もちろん他の場所にもバスはいますけど、パターンがその届かないところにあったとしたら、アングラーとしては不完全燃焼&答え合わせ無し、で終わっちゃいます。仮に全てのポイントにルアーが届くとします。これだと今度は、つじつまがあってしまいます。アプローチがずれていても、完全なパターンが見つからなくても、必然的に釣れてしまいます。こうなると、こちらも練習になりません。釣れるだけ、まだ後者のほうがマシですけど。

ただ釣るだけでは、トーナメンターとして成長は乏しいでしょう。頭を使うことが大事です。小さな池ではつじつまが合っちゃう。だけど大きな池では探れない場所が多くマイゲームが展開できない。理想としては大きなフィールドで水に浮くこと。これにより全てのポイントに入れて、だけどしっかり考えて釣りをしないと、魚が釣れない。

野池で釣りをしていても上手くならない。よくこういう言葉を耳にしますが、僕は利用の仕方次第で自分のスキルを上達させることができると思います。たしかに野池とリザーバーとは釣り自体が違いますが、どちらもバスフィッシングには変わりありません。僕だって、トッププロだって釣りを覚えたのは野池なんですから。これからも野池を有効活用して、もっともっとバスフィッシングに励みたいです。だって野池は楽しいですからね(笑)

スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。