スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木郷滝自然釣りセンター

毎年の恒例??行事となりつつある、GBI店主との熊本プチ遠征。
海釣りに誘われても、良い返事をしない私・・・。笑
そんでもってバスが釣れないこの季節は、渓流型管理釣り場でのトラウトを狙ったルアーフィッシングが交流の場となっています。

昨年調子の良かったオールソリッドロッド(ステルスキャリパー)にバニッシュレボリューションの2.5ポンドをチョイス。
バイトが見える・・・かつショートバイトの多い管釣りでは、チェイス~バイトに至るまでの一連の動作もサイト可能な為、オールソリッドの有効性が、言葉通り「目に見えて」分かります。
フッキングの動作も、もちろんするのですが、それ以前にロッドの良し悪しがフックアップ率と直結し、これが釣果の差となって顕著にあらわれるので、腕はもちろんのこと、ロッドセレクトは極めて重要です。

去年桑野先生が、オリジナルのソリッドティップで掛け損ねが頻発していた中、オールソリッドをセレクトしていた私が、瞬く間に差をつけた事を良く覚えています。
それから先生もオールソリッドに持ち替えたところ、私以上に魚を量産し始めた事も記憶に新しいですね。
厳密にいうと、ルアーそのものの動きにも変化をもたらし、トゥイッチした時の水押しも違ってきます。

そこまで細かい部分を魚が気にしているかは、定かではないですけどね。笑





本来リップの短いミノーが主流となるのですが、今回GBI月報の動画撮りも兼ねての釣行だった為、急遽ルアー縛りが発生。

ラッキークラフトのベビーシャッドFC50FC稚アユベビーシャッドダイブ40SPMSジャパンシャッドを手渡され、この2つのみをローテして魚を釣りなさいという指令が下されました。

水を良く掴む、リップの長いシャッド型で、浅く流れのある渓流でも攻略可能なのか、最初は不安でしたが、キャストを繰り返すごとに、それは簡単に払拭出来ました。
ストレートリトリーブでは反応が悪いため、プラダクティブゾーンの、端ギリギリでトゥイッチを繰り返すことにより、魚を盛り上げてバイトに持ち込みます。

静と動のメリハリが、バイトに持ち込むためのキモとなりました。
言葉に出来ない、微妙なタイミングがあるのですが、これはバス釣りにも共通していえることです。

放流の関係かイワナばかりがヒットし、ある意味レアな魚を次々キャッチ。
イワナは、今は九州でも放流が行われ、宮崎などでも釣れるらしいのですが、元々は九州には居ない魚だったようです。 

渓流魚の中でも、とにかく警戒心が強いことで有名ですよね。

後半、ヤマメの放流が行われてからはヤマメも釣れ始めましたが、それまではフライを使っても、全くと言っていいほど反応がありませんでした。
味を知っている私は、ヤマメが釣れると、えもいえぬ快感と同じくして、口の中によだれが満ちてきます。
この異常なまでにヤマメに執着する姿に、先生は疑問を投げかけてきましたが、私は魚の「価値」が、根底から違うと思っています。

淡水魚でここまで絶品と称する魚が他にいるだろうか??
是非、道の駅などで「ヤマメの塩焼き」などを見かけた時は、食してみて欲しい。

秀麗な魚体に負けず劣らずの味覚を、玩味することで、自然の恵みを享受する事が出来るだろう。

総括すると、終始楽しく、数も満足いく程度釣れましたが、欲を言うなら、もうちょっとカラーレパートリーを増やし、ルアーローテションもしたかったですね。
なぜならこういった管釣りの魚は、色を変えた一投目や、ルアーのシルエットや動きを変えた途端に反応が良くなったりします。
またルアーに対しての飽きも早い為、なるべく多くのルアーを小まめにチェンジしていくことが、釣果を持続させるコツだったりしますからね。

また今回はシャッド縛りでしたが、ミノーのような水を切るタイプのアクションが出せれば、もっと釣れたかな!?

ベビシャFC50に関しては、今年、バスフィッシングにも積極的に取り入れていこうと考えていますので、良い手応えを掴むことに成功したのは大きなプラスです。

釣りの途中の写真はありませんが、来月号のGBI月報の動画では、そこそこの尺を使って頂けるようなので、もし良かったら、そちらをご覧ください。


釣りの後はお楽しみの、ヤマメ料理を堪能しました。
もちろん私達が釣った魚ですよ。

1423812669118_convert_20150214224624.jpg 

リーズナブルな料金で美味しく調理してくださいます。

1423812697184_convert_20150214224551.jpg 

中でも、ここでしか味わえない「ヤマメの天ぷら」が絶品。
天ぷらにかかっている、甘酢タレが本当に美味。

これは食べんと分からん。

そもそも釣りだけに専念し、キャッチ&リリースのみで帰ってしまうなんて、ホント損ですよ!!

1423812685635_convert_20150214224609.jpg 

残りは定番の塩焼き!!
こちらも昔から変わらぬ美味しさです。

また炭火を使い遠赤外線で焼く為、より一層味わい深くなります。
もしかしたら大自然の中で食べる、気分的なモノかもしれませんが・・・。

イワナも焼いて貰いましたが、やっぱり一番美味しいのはヤマメ!!

1423812731362_convert_20150214224536.jpg 


実家と祖父母へヤマメをお土産。
FC50と比べても、大きいヤマメ。
ニジマス??かと疑問に思い、釣り堀のおばちゃんに聞いたところ、ヤマメで間違いないそうです。

氷で冷やしていた為、パーマークが消えていますが、見た目からはヤマメともニジマスともとれますよね。

すぐにでっかくなるように、品種改良でもされているのかな??

マスは雑種も多く、良く分かんないや。笑

そんなこんなで、今年も楽しかった木郷滝自然釣りセンター釣行。
年に一度しか行けない・・・これがまた良いのかな??

来年もまた行きます!!

http://r-d-s-guide.com/


3月頭は、暖かい気候の春が一足早いリザーバー、亀山湖からスタートとなります。
一週間のみの期間限定ガイドですので、興味がある方は、是非遊びに来て下さいね!!

3月のガイドスケジュール

3月2日 ×
3月3日 亀山湖のみ
3月4日 ×
3月5日 ×
3月6日 亀山湖のみ
3月7日 亀山湖のみ
3月8日 亀山湖のみ
3月9日 河口湖、相模湖
3月10日 ×
3月11日 河口湖、相模湖
3月12日 河口湖、相模湖
3月13日 ×
3月14日 ×
3月15日 ×
3月16日 河口湖、相模湖
3月17日 河口湖、相模湖
3月18日 河口湖、相模湖
3月19日 河口湖、相模湖
3月20日 河口湖、相模湖
3月21日×
3月22日 河口湖、相模湖
3月23日 河口湖、相模湖
3月24日 河口湖、相模湖
3月25日 河口湖、相模湖
3月26日 河口湖、相模湖
3月27日 河口湖、相模湖
3月28日 ×
3月29日 河口湖、相模湖
3月30日 河口湖、相模湖
3月31日 ×

4月のガイドスケジュール

4月1日 河口湖、相模湖
4月2日 ×
4月3日 ×
4月4日 △お問い合わせ下さい
4月5日 ×
4月6日 河口湖のみ
4月7日 河口湖のみ
4月8日 河口湖のみ
4月9日 河口湖のみ
4月10日 ×
4月11日 ×
4月12日 ×
4月13日 河口湖、相模湖
4月14日 河口湖、相模湖
4月15日 河口湖、相模湖
4月16日 河口湖、相模湖
4月17日 河口湖、相模湖
4月18日 河口湖、相模湖
4月19日 河口湖、相模湖
4月20日 河口湖、相模湖
4月21日 河口湖、相模湖
4月22日 河口湖、相模湖
4月23日 河口湖、相模湖
4月24日 河口湖、相模湖
4月25日 河口湖、相模湖
4月26日 河口湖、相模湖
4月27日 河口湖、相模湖
4月28日 河口湖、相模湖
4月29日 河口湖、相模湖
4月30日 河口湖、相模湖


河口湖ガイド (遊漁券代別途必要です)
1名様30000円 2名様35000円 3名様40000円

亀山湖ガイド (遊漁券代別途必要です)
1名様30000円 2名様35000円

集合場所はトキタボートになります。
http://www.tokitaboat.com/

相模湖ガイド
1名様25000円 2名様30000円 

秋川屋ガイド艇新調の為、2名様でもご利用しやすくなります!!ボートの詳細は近日ブログにて公表致します!!


TEL08052443716

top_enjoy_zeal_no1@yahoo.co.jp
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。