スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーバルキーホグの直リグ・・・・イエス!!

まず初めに・・・・。
FC2ブログの下書き自動保存機能が、なぜか発動せず、お風呂上がりに完成系を読み返し、いざアップ・・・・という時に、手順を誤り力作がものの見事にデリートされてしまいました。
だいたい私のブログは、更新に1時間~2時間掛ります。(時には3時間を超えることも・・・。)
そんでもって、正直ブログ更新がそんなに好きではありません。笑

なんなら私は釣りだけをして、情報発信は美人な秘書にお任せ・・・という形が理想です。

冗談はさておき、すべてプロ活動の一環と思い、誤字脱字が無いように、また言い回しや文章構成がおかしくならないように、真剣にブログを書いています。

そんな苦労が水の泡・・・・。(普段は下書き機能が活きています。FC2は度々バグがありますが、ここ最近は特に不満はありませんでした。とは言え無料ブログなので文句は言えないです・・・。笑 そもそも実家のPC環境に慣れていないのも原因の一つですが。) 

もう一度文章を思い返し、再度記事を作り上げました。
いっそのこと闇に葬ろうかと思いましたよ。

それでは是非・・・・ご覧ください!!・・・・ちょっと手を抜きました。笑



河口湖から福岡に帰る途中、大阪のファイブコア社に寄った際、段ボール一杯の大量のラッキークラフトルアーを頂いてきました。

1422968983126_convert_20150203225255.jpg 

写真では分かり辛いですが、サンプル等を含め、かなりの量があります。
帰省中の野池攻略~春の河口湖はもちろんのこと、JB霞ヶ浦~マスターズ亀山~JB河口湖Aと春の連戦に頼りになるハードルアーをチョイスしてきました。

水温上昇期にあたる春は、ハードルアーの出番が増えますからね。
戦力UPは嬉しい限りです。
ありがとうございます。

1422969000995_convert_20150203225323.jpg 

早速、冬の皿池の定番、バイブレーションを野池で試してきました。
LV-RTO(大森貴洋プロ、プロデュースhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A3%AE%E8%B2%B4%E6%B4%8B

サイズラインナップも豊富で、野池で使うなら150か200がオススメです。
使ってみた感想としては、引き抵抗が丁度良く、手元に伝わってくる振動から、ルアーがしっかり水を押していることが想像出来ます。
バイブレーションプラグは投げて巻くだけ・・・と、オートマッチック性が高く、ルアーそのもののポテンシャルが前面に出てしまうルアーなので、まだまだ使い込んでみなければ分かりませんが、期待大です。

通称シミーバイブと呼ばれ、私もラッキークラフトと契約して、初めてこのルアーの存在を知りました。
シミーフォールとはご存じ、リトリーブを止めた際に、フラフラと揺れながらフォールすることを指します。

この慣性アクションにより、中層回遊系の魚をチェイスに持ち込んだ際、意図的にリトリーブスピードを緩めることでヒラヒラと沈下し、ニュートラルなバスにスイッチを入れバイトに持ち込むことが出来ます。

前アタリを感じたり、ここぞというタイミングで発動させてみてください。

狙ってバイトに持ち込んだ時の快感は、バスフィッシングならではの醍醐味!!

P9050243.jpg

私はこのテクニックをGBIサンダースSEで学びました。

秋のリザーバーで、シャロクルーザー攻略には打って付けのハードプラグ「バイブレーション」
河口湖では「春」も効きます!!

012_convert_20140611191451.jpg 

さて・・・・。
寒中フィッシングで、LVーRTO巻きに巻いても、バイトどころか後ろに付いた感覚もなく、生命反応といえば、時折鯉??のような魚にぶつかる程度・・・・。
気温も昼には10℃を超えていたポカポカ陽気でも、まだまだ春を意識した魚&冬でもやる気満々の魚は皆無の様子・・・。

ローテしていたILV(アイロンラッキーバイブ)にも反応が無く、正直この日も諦めかけていました。

しかし夕マズメのリップラップエリアで、LV-RTO250(ホットタイガー)に一発グンと45センチクラスがヒット!!
一瞬何かに引っ掛かったのかと思いきや、すぐさま生命反応が伝わってきた為、一気に心拍数が上昇。

バラシを恐れてクラッチを切り慎重にファイトしていると、ヘッドシェイクの際に外されてしまいました・・・・。
何なら一気に抜いちゃえば良かった。ランディングに気を取られている場合じゃなったよ。




連日、短時間ながらもフィールドに足を運んでいますが、さすがに2月ということで水温が低く(7度台)ファーストムービングに反応がすこぶる悪い為、この日は違う方向からのアプローチを画策しました。

関東を標準と考えるなら、割りと高い水温かもしれませんが、九州と言えど冬は冬・・・。

暖冬だろうが、寒冬だろうが、冬になると熊は冬眠するのと一緒で、バスも四季が明確に存在する日本では、最低水温に陥る季節はやっぱり冬眠状態になるのかな??

ハードルアーへの反応値が著しく悪いため、ゆっくり丁寧に誘う事が可能な、ワームをチョイス。
ベイトロッドを思いっきり煽り、しならせたい為、スピニングは却下・・・。
どうにもならなかった時用に一応ベイトフィネスはスタンバイ。

野池に着いて数投目、コリコリとした違和感が手元に伝わってきまして、魚??っと・・・聞き合わせを入れたところ、どうやら魚ではなく底質を感じていただけの様子・・。
が、すぐにまたコンッと変な感触・・・。

これは魚??

いや違う・・・??

ん、魚じゃないのかな??

いや、やっぱり食ってるよね??

聞いたところ、ラインがグゥ~と持って行かれたのを確認し、フッキング。

この一連の流れが数秒の中で行われました。

1422968514934_convert_20150203220716.jpg 

帰省後ファーストフィッシュ!!
THE野池と言うような、頭でっかちで全体的にスリム、かつ色黒のカッチョ良いバス!!

この写真から野池の水色がステイン~タンニン系だったことが想像できますよね!?

思いのほか、元気なファイトで楽しませてくれました。

1422968492216_convert_20150203220655.jpg

3インチパワーバルキーホグ、シナモンブルーフレークの5グラム直リグでキャッチ。

バイオソルト入りの旧型は大量に保有していますが、もったいなくて使えないので、こういうプライベートでは現行を使用。
世間では「圧倒的に旧型が釣れる」と耳にしますが、現行も遜色なく釣れますよ!!私も旧型溺愛者の一員ですが・・。笑


勢いに乗りたいところですが、いかんせんバスのテンションが低く、盛り上がりに欠けます・・・。
池の少し水深のある、同じようなシチュエーションをランガン。

大きな岩の点在するゴロタエリアで、無心でシェイクしながら岩を舐めるようにずる引きしていると、グッと抑え込むような違和感が・・・。
瞬時に聞き合わせると重みを感じたため、すかさずフッキング。
ロングレングスのライトフリッピングロッド「ビジブルレート」が、綺麗に弧を描く。
魚の姿が確認できないが、かなりデカいぞ!!

傾斜が急なロックエリアでラインは12ポンド、クラッチを切り指ドラグでサミングしたまま耐え続け、岩に潜られるギリギリのところで顔がこちらに向き、完全に主導権を掴みました。 

あとはロッドパワーを楽しみながら、足元まで寄せ、奇声を発してランディング!!

大きなお口を開けて上がってきたのは、先ほどよりも筋肉隆々でコンディション抜群のナイスフィッシュ!!

1422968390323_convert_20150203220600.jpg


活性の最も高くなる15時から18時の3時間ほどの出撃でしたが、バイトは2回のみ。
一本目が釣れてから二本目が釣れるまで、かなりの時間が空いた為「野池のバス釣りって、こんなに楽しくなかったっけ??」と自問自答していた矢先の出来事でした

やっぱり釣れないと面白くないのが釣りだよね。

今季中盤に仲間入りしたライトフリップロッドの「ビジブルレート」ですが、バックスライドでぶっこ抜いたり、霞でキャットを釣ったり、カバー際での強引なファイトを経験した結果、非常に力を持っている、そんな印象を受けました。
ライトフリッピングロッドなので、そんなに硬くはないのですが、とにかく魚を寄せるトルクがあります。

ロッドの原価が高い・・・さらにその前段階のブランクスの原価もきっと高いんだろうな・・・と想像できます。

定価が同じロッドでも、流通コストや宣伝広告費などで、元々の原価には開きがあり、メーカーによっても利益をどれだけ上乗せするかで、定価に対する原価率も変動します。

この手のロッドは使用するブランクスによって、完成型のロッドに大きな違いが出てくる為、一見同じような「テーパーデザインや軽さ」でも、実は全く違ったロッドが出来上がっている、と言っても過言ではありません。

要は、良いロッドを作ろうと思えば、原価の高いブランクスが必要になる⇒結果、値の張るロッドが出来上がる。
しかしグルーバーズベンドのロッドは、定価の割に原価率がめちゃくちゃ高く、メーカー品であれば7万円を超える、良い素材を使用しています。

IMGP3528.jpg


http://gbi.blog17.fc2.com/blog-entry-2232.html


「モノ作りに一切の妥協をしない」と各メーカー謳っていますが、グルーバーズベンドのそれも計り知れません。

そういう意味では、グルーバーズベンドには全幅の信頼をおいています。
なんせ、だいぶ前から「しつこくしつこく」言い続けているジグロッドですが、未だ製品版が出来上がりません。
ヘビーユーザーの私でも、呆れてしまうくらい竿作りに対する実直な姿勢が、私のGBIロッドに対する「絶大な信頼」を生み出すのでしょうね。

私は基本的に、釣り道具に深い愛情がわくことはあまりなく、ボートにしてもエンジンにしても、タックルにしても、あくまでも道具(多少の愛情はありますよ。でも使い惜しみしたくないので、割り切っている部分があります)としか捉えておりませんが、GBIロッドに関しては、他とは違った特別な感情があるのは事実です。


正直、数年前からプロトのまま、未完成の「ハイファイブ」いい加減、出てくれんやろうか・・・。笑
先生の言ってる事は分かるのですが、きっと私でも、その些細な「こだわり」は、使っていくうえで汲み取ることが出来ないかもしれません。
それを知らされていない、ユーザーならなおさら・・・。

でもそんな究極の部分にまで、だわり続けるからこそ、私が第一線で自信を持って使え、ガイドや試合でアドバンテージを感じる事が出来るのでしょうね。

ついつい話が逸れてしまいました・・・・。

1422968439161_convert_20150203220633.jpg 

これは合格。
エサの少ない池では見事なプロポーション。

こういうホグ系ワームは落ちパクで食うならテキサスでOK。
しかしアクションしないと食わない状況では、絶対に直リグがマスト。

最近は便利な直リグを自作出来るパーツが売っているので、状況に合わせてベストな選択が可能となりました。
現地ですぐに作れますからね!!

直リグが釣れる肝は・・・ずばり水中の姿勢でしょう。
またアクションした時の、可動域も大きくなる為、葦際などの移動距離を抑えたい場面でも、少ない距離で大きくアピールしてくれます。
今更感はありますが、とても有能なリグです。

ハイギアのREVO Elite(レボエリート)8で回収も早くテンポよく打ち続けることが出来ました。
またバニッシュレボリューション12ポンドは寒冷期に起きやすい、ノットブレイクなども全く起きず、寒くてもしなやかで使いやすい良いラインです。


1422968416643_convert_20150203220619.jpg

食いはめちゃくちゃ渋いのに、一本目も二本目も魚体から冬の気が伝わってきません。
すでに春を意識しているのか・・・・なんてプラスに捉えてみたいけど、やっぱりまだ少し早いようです。

昔の記憶を辿っても3月中旬くらいまでは春を感じなかったかな??

それにしても福岡は暖かく、雪も降らないし、ご飯も美味しいし、良いこと尽くめで御座います。


http://r-d-s-guide.com/


3月頭は、暖かい気候の春が一足早いリザーバー、亀山湖からスタートとなります。
一週間のみの期間限定ガイドですので、興味がある方は、是非遊びに来て下さいね!!

3月のガイドスケジュール

3月2日 ×
3月3日 亀山湖のみ
3月4日 亀山湖のみ
3月5日 ×
3月6日 亀山湖のみ
3月7日 亀山湖のみ
3月8日 亀山湖のみ
3月9日 河口湖、相模湖
3月10日 ×
3月11日 河口湖、相模湖
3月12日 河口湖、相模湖
3月13日 ×
3月14日 ×
3月15日 ×
3月16日 河口湖、相模湖
3月17日 河口湖、相模湖
3月18日 河口湖、相模湖
3月19日 河口湖、相模湖
3月20日 河口湖、相模湖
3月21日 河口湖、相模湖
3月22日 河口湖、相模湖
3月23日 河口湖、相模湖
3月24日 河口湖、相模湖
3月25日 河口湖、相模湖
3月26日 河口湖、相模湖
3月27日 河口湖、相模湖
3月28日 ×
3月29日 河口湖、相模湖
3月30日 河口湖、相模湖
3月31日 ×

4月のガイドスケジュール

4月1日 河口湖、相模湖
4月2日 ×
4月3日 ×
4月4日 △お問い合わせ下さい
4月5日 ×
4月6日 河口湖のみ
4月7日 河口湖のみ
4月8日 河口湖のみ
4月9日 河口湖のみ
4月10日 ×
4月11日 ×
4月12日 ×
4月13日 河口湖、相模湖
4月14日 河口湖、相模湖
4月15日 河口湖、相模湖
4月16日 河口湖、相模湖
4月17日 河口湖、相模湖
4月18日 河口湖、相模湖
4月19日 河口湖、相模湖
4月20日 河口湖、相模湖
4月21日 河口湖、相模湖
4月22日 河口湖、相模湖
4月23日 河口湖、相模湖
4月24日 河口湖、相模湖
4月25日 河口湖、相模湖
4月26日 河口湖、相模湖
4月27日 河口湖、相模湖
4月28日 河口湖、相模湖
4月29日 河口湖、相模湖
4月30日 河口湖、相模湖


河口湖ガイド (遊漁券代別途必要です)
1名様30000円 2名様35000円 3名様40000円

亀山湖ガイド (遊漁券代別途必要です)
1名様30000円 2名様35000円

集合場所はトキタボートになります。
http://www.tokitaboat.com/

相模湖ガイド
1名様25000円 2名様30000円 

秋川屋ガイド艇新調の為、2名様でもご利用しやすくなります!!ボートの詳細は近日ブログにて公表致します!!


TEL08052443716
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。