スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンスーパーバスクラシック2013

毎年クラシックは大舞台の雰囲気に呑まれて、思うような成績を出せずにいました。
今年は北浦水系ということもあり、全く無知の世界では無い為、プラにも気合いを入れ、万全の体制で挑むことが出来ました。

10000_20131116_075414_convert_20131118195123.jpg

朝一、プリプラの時から良く釣れていた蔵川のストレッチに入り、2時間ほどで3本キャッチ。

OSPブレードジグ+OSPドライブスティック3.5で1本目。
スキルフルTーBAITJrで2本目。
OSPハイピッチャーで3本目。

どれもゆっくり巻くことがキモでした。

良いペースで魚を釣り上げていましたが、9時半頃に北北東の風が直撃で退散を余儀なくされました。

10000_20131116_103511_convert_20131118195200.jpg

残り5時間ほど、プラで手応えのあったエリアを巻き倒しますが、バイトが遠い。

10000_20131116_103743_convert_20131118195218.jpg

また釣りが出来るエリアが風裏に限定されるため、広大な北浦でも選手が風裏の良いスポットに集結し、非常に窮屈な印象を受けました。

風が緩ければ、外浪逆浦までロングランしたかったのですが、移動距離やそれに費やす時間、コストを計算すると賢明では無いと判断し、北浦本湖でひたすら粘る作戦にしました。

JB霞ヶ浦シリーズでもそうですが、バイトが遠のくと、やたらロングランしたくなります。

しかし結果蓋を空けてみると、最初のエリアへ戻ってきた時に、呆気なくバスが釣れてくれたりするんですよね。


10000_20131116_145328_convert_20131118195235.jpg

帰着の頃にはだいぶ風も収まり、ラスト数時間は潮来マリーナ横の石積みを攻めても良かったかな??っと反省。

10000_20131116_152343_convert_20131118195257.jpg

初日は3バイト3フィッシュで8位スタート。
2200㌘~2300㌘台で5位~8位の団子になり、その一番下の順位に、少し運がなかったというか、勝てる時とは何かが違う・・・。
そんな一抹の不安が軽く脳裏を過ぎったのを今になって思い出しました。


2日目は12時帰着のショートタイムの為、迷わず昨日釣れた蔵川のストレッチに入り、4時間タコ粘り・・・。

中層を引く、クランク、スピナベにそれぞれ1回ずつ波動が消えるバイトがあり、グラスのティップが入りますがノラず・・・・。
巻き続けることで初めて感じる程の「???」のバイトにバスの存在を確認しましたが、フォローのシャッドやフィネスにも全くの無反応。

頼みのチャターもダメでした。


10000_20131117_120150_convert_20131118195314.jpg

無念のゼロ申告。
本気で悔しいと感じた。
それと同時に一気に気が抜けた。

10000_20131117_130102_convert_20131118195339.jpg

来年こそはこの表彰台に上がりたい。

クラシックに出る度に痛感する。
今のままでは戦えない。
TOP50に上がったとしても、完全にカモにされて終わる。

この恐怖心、そして自分の現在地がしっかり把握出来ている限り、もっと強くなれると思う。
来年こそは必ずクラシックで勝ちます!!
応援してくれた方々へ、ありがとうございました。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。